Bino

  • HOME
  • 薪ストーブと平屋暮らしFREEQ HOMES

h201

h201

FREEQ は、"JUST A GOOD=(ちょうどいい暮らし)" をテーマとして生まれました。
大きくて立派な事が理想だったこれまでの家づくり。
しかし今の時代に求められているのは、無理や背伸びをした家ではありません。
FREEQ は、できるだけムダを省いたシンプルな家。
住む人の生活をリアルに考えながらも、自由で楽しく、安心な暮らしを提案します。
住まう人の想いと暮らしに寄り添った、毎日を生き生きと輝かせ、
人生を謳歌するための、FREEQ。
本当の自由を手にしたい人のための、等身大の住まいです。

ph00

bg01

暮らしはもっと、自由でいい。 h202
家づくりで大切なのは、「どれだけ暮らしを楽しめるか」を考えること。
FREEQでは、ゆったりとした平屋のCOVACO、ロフトのある1.5階のLOAFER、
総2階建てのBOOOTSという3つのスタイルを用意しています。
自然に寄り添う暮らしがしたい人。
仕事に、家事にと忙しい中にも家族とのふれあいを大切にしたい人。
趣味を充実させて、アクティブに過ごしたい人―。
価値観や好み、ライフスタイルは一人ひとり違うもの。
FREEQなら、暮らしそのものを楽しめる、理想の家づくりが実現できます。

ph_bk

自然に寄り添う暮らし

自然に寄り添う暮らし

夏の暑さを遮る屋根形状
夏、家に日が入らないように配置しています。
東京の夏の太陽の高度は、約78度。これを考えた屋根を設ける事によ り、先人は、暑さ対策をしてきました。
冬の暖かさを取り込む
冬は日光を効率的に吸収できるよう配置しています。
それぞれの家の影まで計算して配置しているから、冬でも暖かく過ご せます。東京の冬の太陽の高度は、約32度。これを利用し、家の中に 光を取り込みます。
風通しを考えた窓構造と設計
家を配置する時にも、地域の卓越風を計算します。
家自体にも、窓を効果的に配して風の通り道を確保します。

自然に寄り添う暮らし

太陽光発電に最適なデザイン
最大12kWのソーラーパネルが搭載できる屋根と、家全体を遠赤外 線効果で暖める薪ストーブが設置できます。
屋根勾配も太陽光の集熱に最適な角度となっています。
夏の暑さを遮る屋根形状
薪ストーブを家の中心に配置することにより、熱が家全体に余すと ころなく伝わります。また、吹き抜けを設けることにより、
2階の部屋にも熱が伝わります。標準で、薪ストーブの設置箇所も耐 震補強済み。メンテナンスも平屋の屋根から行えるので、便利です。

自分にちょうど良いサイズを選ぶ。

自分にちょうど良いサイズを選ぶ。ph03

これまで家は、広くて立派なほうがいいとされてきました。
しかし近年、そうした理想とは別に、コンパクトでよりリアルな住まいが見直されています。
もちろん広々とした暮らしは素敵でしょう。 でもそれは十分な経済力があれば、のお話。家を大きくすれば当然、住宅ローンもふくらみます。
同時に光熱費や掃除、メンテナンスなどの負担も大きくなります。
FREEQは、平屋のCOVACO、平屋+α(1.5階)のLOAFER、平屋×2(2階建て)のBOOOTSという3つのデザインをラインナップしています。 いずれも、そこに住まう人たちが、家での時間を心地よく、仲良く、快適に過ごすための、暮らしにちょうどよいリアルなサイズ。
しかもどんな暮らしにもフィットする、シンプルでそれ自体が美しい強固な構造となっています。シンプルにデザインすることで、インテリアやパーツといったこだわりをプラスする楽しさも生まれました。
ローコストでも心地良く暮らせるFREEQの住まい。「商品はシンプルで美しいことが大切である」という商品哲学が、設計コンセプトとしてデザインにも表れているのです。

ギャラリー

お問い合わせ・資料請求 お問い合わせ・資料請求

pagetop pagetop