スタッフブログ

BinO、FREEQのウッドデッキを知ろう!

BinO浜松

2019.03.23[Sat]

お久ぶりです!
温かかったり寒かったりで気温の落ち着かない日が続いています。
みなさまお体に気を付けてください<(_ _)>

さて、今日はウッドデッキについての紹介をします😊

BinO、FREEQではほぼ標準でついているウッドデッキ。
デッキも第2のリビングとして様々な使い方をしている方がたくさんいらっしゃいます😄
暮らしの一つとしてウッドデッキも自由に楽しく使ってほしいスペースです♪
だからこそ、暮らしや趣味に合わせてウッドデッキの形や広さも変更することができます。

BinO浜松は、L字型で8畳のウッドデッキをつけました。
1.5階にある2つの掃き出し窓から出入りがしやすいだけでなく、
デッキファニチャーや植物を育てるスペースも十分に確保できる広さです。
イベントでもデッキに大人数ででることもでき、
さらにでアウトドア用薪ストーブを置いて料理もできます🍕
また、木のため自由にカスタマイズもできます!
自分好みにDIYでデッキをアレンジするのもおすすめです🔨

T様邸のウッドデッキは正方形の8畳。
洗濯物を干したりBBQをしたりと幅広く活用できます!
このように、お客様に合わせたウッドデッキのアレンジが可能です^^
デッキの形や広さ、色についての相談などお気軽にどうぞ👐

===

そして!ウッドデッキといえば「木」。
BinO、FREEQはすべて自然素材を使用しているため、木のデッキが標準です。
ですが、ウッドデッキで皆さんが心配するのは「メンテナンス」。
自然素材ですので、腐りや色落ちなどいろいろ心配な点があるかと思います。

BinO、FREEQでは、ウッドデッキの木は「エコアコールウッド」という特別な木を使用しています。
(エコアコールウッドのHPはこちら>>エコアコール<<)

木そのものに木を腐りや割れを防ぐ薬剤が入っています。
雨風太陽光にさらされて傷みやすいウッドデッキは、メンテナンスをしないと腐ったり割れが生じます。
厳島神社や出雲大社にも使用されている耐久性に優れ、環境にやさしい無毒性の木です。
そして、塗装をすることでより耐久性を増したウッドデッキになります。

しかし、エコアコールウッドだからといってメンテナンスをしなくてOKというわけではありません。
最低でも2年に一度は、塗装をしてほしいです☺
1年経つと塗料が少しずつ落ちてきて、浮いてきます。
そのまま放置していると木を保護している塗料が落ち、耐久性も落ちていく可能性があります。
それを防ぐためにも、ブラシなどで一回デッキを掃除して乾いたあとに塗料を塗るという作業が必要です✊
大きさにもよりますが、ほぼ1日で終えることができます😊✨

何年も繰り返すことで、割れや腐り、色落ちもしにくい綺麗なウッドデッキを保つことできます^^
色も馴染んで愛着がわくウッドデッキになること間違いなしです!
家族や夫婦の行事として行うのもいいかもしれません(`・ω・´)b

いかがでしたか?
BinO、FREEQのウッドデッキを暮らしに合わせて決めていき、
メンテナンスも楽しんでいただけると嬉しいです😊💛
今年もBinO浜松のメンテナンスをしなければ…!
メンテナンスの様子などまたお伝えできればと思います!

  • SNSでシェア!
  • instagram
  • facebook
  • twitter

お問い合わせ・資料請求 お問い合わせ・資料請求

pagetop pagetop